2008年05月18日

板さんに教えてもらった『沖漬けのタレの作り方』

寝起きでぽわぽわしてる為誤字脱字がコワイですこんにちは〜
 
 
船長の釣果ページの予告通り、沖漬けのタレの作り方の紹介を^^
あ、これ書く前に、電話で船長も起さないといけなかった!
(船長はきっと、宿で爆睡仮眠中のはず・・・)


電話してみたんだけど、出ませんでした、1回はかけたからいいにしよう・・・


ちょっと長くなるのか短くなるのか分からないので、次ページにて〜
 
 
 
 
 
<つづき>


板さんのお話に戻りまっす。


そもそも板さん(いや、お寿司屋さん、と書くべきか)との出会いは、
1年前ぐらいかな。釣り具のトージンさんのレジの後ろスペースなのです。
うまいもんを釣って、おいしく食べる、と。趣味=釣りで。


トージンさんに遊びに行くたびに、3〜4回に1回の確立でお会いしてたりするので、
もうお友達みたいなもんかもしれないです〜



この前、めんつゆで作った沖漬けをあげたんだけど。
やっぱプロに感想を聞きたいじゃない・・・めんつゆってどうなのか、って;

「どうだった?」
「おいしかったよ、強いて言えばもうちょっと醤油を足してもいいかなってぐらい」

と言われたので一安心。

この話の後に「沖漬けのタレの作り方教えてやろうか?」ってなった訳です。

 
 
●板さんに教えてもらった『沖漬けのタレの作り方』


用意するもの


みりん(本みりん) 1cup
しょうゆ  1cup
かつおダシ(鰹節でとっただし汁) 0.5〜1cup


1:1:0.5〜1 という比率でいいんじゃないかと思われます。

皆さんがよく作られる沖漬けのタレは、
酒:みりん:しょうゆが1:1:1って方が多いかな。


このレシピには「お酒」が入ってません。
「みりんに入ってるからいらない」んだそーです。

今までとちょっと違う味を試してみたい方は、ちょっと参考にしてみてください^^



作り方


1 みりんを鍋に入れ、強火で沸かす
2 しばらく強火のまま煮たら、みりんに火をつける
(チャッカマンやマッチで、鍋に入ったみりんにボワっと火を!)
3 火が消えるまで、そのまま強火で煮る。

4 火が消えたらしょうゆを入れ、ひと煮立ち
5 最後に「かつおダシ」をお好みの量(0.5〜1)入れ、冷やして出来上がり



だそーです。



よし、とりあえず、ダダーっと書いてみました;もう港いかなくちゃ><


なにか誤字ありそうなので、あとでもう1回訂正入れるかもです、
分量に間違いはないとおもうけど、手順をもうすこし言葉を変えるかもです;;

posted by ゆり at 17:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 若オカミ修行? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
若おかみファンです いつも楽しみに読ませてもらっています これからも健康に気をつけて楽しい記事を期待しています
Posted by 伊豆はじめ at 2008年05月18日 19:47
昨日?今朝?はお疲れ様でした。
真後ろで、6でしたっけ?7でしたっけ?
多段掛けされると、手持仕掛の導入を考える今日この頃です。
次回は手持だったりしてw

簡易タレ?麺つゆは香貫のガリバーで昆布出汁の物が、1L258円でした。(すかさず購入)
食遊市場では安定して299円で販売してたかと思います。

今日もいっぱい釣れてるといいですね^^
では、またよろしくですm(__)m
Posted by Hidepon at 2008年05月19日 00:01
ヾ(。◠‿◠。)【こんにちわぁ】✿.。.*・
とても参考になりました♪ 早速作ってみますヾ(。◕‿◕。)
Posted by ゆう、 at 2013年03月01日 13:40
醤油は、濃い口!?薄口?
Posted by 上田佳判 at 2013年03月23日 10:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。